自己破産のご相談は司法書士法人 永田事務所にお任せください

自己破産とは

自己破産とは、裁判所を通じて借金をなくす手続きです。
自己破産では、免責許可決定が下ると、どんなに債務額が多くても借金から解放されることになります。 このように、借金を減らす上では最も効果的な自己破産ですが、さまざまな誤解があり、依頼者の方には敬遠されがちです。

また、最近では当初、自己破産も視野に入れ債務整理の解決手段を検討していた場合でも、利息制限法に基づく引き直しの計算をしたところ、かなり債務を圧縮することが出来たため、任意整理や民事再生を選択するケースが多くなっております。ご相談にお越しになる前、ご自身で、破産しかないと思いこんでいても、意外と破産を選択するケースは少ないものです。

自己破産の誤解

1.「自己破産をすると財産を全て失ってしまうことになるのでは?」
自己破産をしても、財産をすべて失ってしまうわけではありません! 自己破産をした場合に手放さなければならない財産は、価値の大きい財産(不動産や株など)だけです。 日常生活に必要な家財道具(テレビ、洗濯機)などは、本人が引き続き使うことが可能です。

2.「自己破産をすると配偶者、子供、親兄弟に迷惑をかけるのでは?」
自己破産をしても配偶者、子供、親兄弟が代わって借金を支払うことになるといったことはありません!また、自己破産をしても戸籍や住民票にのることもありません!ですから子供の進学に影響したりすることもありません。

3.「自己破産をすると海外旅行に行けなくなる?選挙権もなくなる?」
自己破産をしても海外旅行に行くこともできますし、もちろん選挙権もなくなりません!

※但し、破産手続開始決定が官報に掲載されます。

以上のように、実際困ることはほとんどありません。
つまり、本当に借金の返済ができなくなった場合には無理をせず、自己破産を選択肢に入れることも検討しなければなりません。

自己破産の手続き

破産手続開始の申立 必要書類を集め、裁判所に申し立てます。
矢印
裁判所での審尋(面接) 裁判官との面接です。いろいろと事情を聴取します。
矢印
破産手続開始決定が官報に掲載される。
矢印  
裁判所での審尋(面接)  
矢印
免責許可決定  
矢印
免責許可決定が官報に掲載される。
矢印  
免責許可決定の確定(借金からの解放)
 

自己破産のメリット・デメリット

自己破産の相談は当事務所にお任せください メリットについて

  • ■借金が全てなくなり、経済的に新たな出発が出来る。

自己破産のご相談は当事務所まで デメリットについて

  • ■免責をうけた人は、その後7年間は、もう一度免責がうけられない。
  • ■信用情報機関に事故情報(いわゆるブラックリスト)として登録される。
  • ■数年間(大体5〜7年)は、新たな借金やクレジットカードを作れない。
  • ■一定の資格制限がある。 (警備員、生命保険募集員、株式会社や有限会社の取締役と
      監査役などになれなくなります。しかし、免責されれば、またなれるようになります。)
自己破産のご相談なら司法書士法人 永田事務所 初回のご相談は無料です
司法書士法人 永田事務所 代表司法書士 永田好勝 ながたよしかつ

司法書士法人 永田事務所

代表司法書士
永田 好勝(ナガタ ヨシカツ)
債務整理
債務整理 相談 任意整理 相談 過払い金 請求 自己破産 相談 特定調停 民事再生 相談 過払い金計算 解決事例 過払い金返還 民事再生個人 よくあるご質問
事務所案内
ごあいさつ 債務整理東京 アクセス お問い合わせ
お問い合わせ

認定司法書士
司法書士法人 永田事務所

【業務内容】
債務整理・自己破産・民事再生など
TEL:03-5461-3677
FAX:03-5461-3678
〒140-0004
東京都品川区南品川5-9-26

スタッフ総勢10名

業務時間
9:00〜20:00(月〜金)
10:00〜16:00(土)
*土曜日については、担当スタッフのみの対応になりますので、お電話に出れないことがございます。
*事前にご予約頂ければ、土日、平日の時間外でのご相談を承ります。月末はご相談までに数日お待ち頂く事がございます。何卒ご了承ください。

過払い金のご相談は、司法書士法人 永田事務所が運営する過払い金MAX.comにご相談下さい